所有している物件の管理が大変なら賃貸管理システムを活用しよう

男女
  1. ホーム
  2. 不動産の物件管理をしよう

不動産の物件管理をしよう

紙幣

不動産の管理会社、特に賃貸管理会社では物件管理の為にシステムを導入していますが、そのシステムは賃貸管理システムと呼ばれています。この賃貸管理システムは多数の帳票の作成や入金管理、そして収支報告等を一元管理するものです。管理業務は管理物件のデータ登録から始まります。次に契約についての情報で、契約内容や契約者、連帯保証人などです。賃貸物件では家賃の入金管理が最も煩雑となりがちです。この入金管理についてだけでも、入出金管理表を作成し、入金のチェック、オーナーに対しての収支報告や、送金を行う業務があります。ここで滞納があれば督促をしなければならず、督促状の発送や督促業務等の管理も重要です。賃貸物件であれば契約更新もあります。この更新予定者に対しての案内書の作成や更新契約書の作成業務も必要です。入居者からのクレームがあった場合の管理、物件の修繕や点検の記録業務もあります。最終的には退去した場合の解約手続き、例えば退去時精算等が管理会社として行う基本的な業務です。この膨大な量の業務の管理は非常に複雑です。そこで賃貸管理システムの利用が一般的となっています。この賃貸管理システムにより管理の一元化以外に、クラウド型のシステムを導入する事で火事などの環境的リスクそして誤作動などの偶発的リスク、このようなリスクにも答える事が出来ます。最後にシステム導入による業務の省力化が可能となるので、ミスの軽減にもつながります。