所有している物件の管理が大変なら賃貸管理システムを活用しよう

男女
  1. ホーム
  2. 不動産経営の省力化

不動産経営の省力化

レディ

機能の多様性に着目

賃貸経営は単純そうに見えて、実は多様な雑務の積み重ねが必要になります。賃貸料の入出金管理はもとより、入居契約書の締結と保管、未収家賃の請求、クレームの処理、時期に応じた修繕・リフォームなど、数え上げればきりがありません。これらの一つ一つに人為的ミスの可能性があり、収益力を低下させる原因になりかねません。ミスを防ぎ管理コストの低減を図るには、賃貸管理システムの導入が効果的です。賃貸管理システムは不動産経営に関するさまざまな事務を、一括して処理できるのが特徴です。入出金と請求業務を連動させたり、空室情報をウェブに公開したりすることで、データの一元的な把握と省力化が可能になります。またリアルタイム処理以外に月次・年次レポートも作成でき、問題点があれば早期に発見することで、経営の安定と収益率の向上に貢献します。賃貸管理システムと会計システムを連携させれば、税務申告に必要な帳票も自動的に出力できます。多くの賃貸管理システムはマンションやアパートだけでなく、貸店舗や駐車場といった物件にも応用できます。またサブリース契約にも対応しており、多種類の物件が混在していても利用可能です。従来の賃貸管理システムは規模が大きくなりがちで、取引件数の多い不動産会社向けというイメージがありました。しかし最近では、初期費用やランニングコストの安いクラウド型の賃貸管理システムも普及しており、個人経営の不動産オーナーにも幅広く利用されています。